サイディング外壁の住宅の下地補修 神戸市須磨区O様邸

足場組の終わった神戸市須磨区のO様邸では、協力業者のヤマモトコーポレーションのシーリング職人に来てもらいサイディング目地とサッシ廻りのシーリングの打ち替えを行います。

どちらも既設シーリングを撤去し、打ち直します。

   

門下塗装では上塗りの色に近い色のシーリング材を使用して打ち替え、万が一塗り替え後にシールの上の塗膜が割れてしまっても目立ちにくくしています。

正規の幅と深さを持って打ち直したシーリング材はそう簡単にはちぎれることはないのですが、塗り替えた塗膜はそこまで伸縮しませんので、塗膜だけが割れその下のシーリング材が見えるということが稀におきます。その時に上塗り塗料が青なのにシーリング材が色が白だとパッと見ても目に付くので同色もしくは近似色のシーリング材を使用するようにしています。

上塗りに弾性塗料を使用すればシーリングの上に割れは出来にくいのですが、門下塗装ではそもそもサイディングの塗り替え向かない弾性塗料は推奨していません。

サイディングやALC・パワーボードなどに弾性塗料を使用すると熱や湿気により塗膜の膨らみが起きる可能性があります。またそういった不具合が発生してしまった場合の修繕には多額の費用が必要になります。

外壁以外にもシーリングしてあった軒の一部や破風のジョイント部分のシールも打ち替えましたが、写真を撮れていませんでした。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31