神戸市垂水区A様邸 シーリングの打ち替え

神戸市垂水区の現場ではサイディング目地とサッシ廻りのシーリングを専門職のシーリング職人に来てもらい打ち替えてもらいます。

先に打ち替えてその上を塗装すると直接日光が当たらなくなりシーリングが長持ちするのですが、シールの上の塗膜が裂けるというリスクが出来ます。

シーリング材のメーカーは塗り替え後の後打ちを推奨しているのですが、そうすると塗り替えた外壁とシーリングの色が違ってしまうので、塗料での塗り替えの場合は先に打ち替えシーリング材の上も塗装します。

既設シーリングを撤去し、専用のプライマーを塗布後、打設・押さえを行い打ち替え終了です。

1日目には2階の淡色で仕上げる部分を打ち替え、2日目には1階部分を打ち替えました。

冒頭で書きましたが、伸縮率の違いで建物の揺れや熱膨張が原因でシーリング上の塗膜が割れることがあります。

もし裂けても塗膜だけなので防水性には何の問題もありません。裂けたところに違う色が見えてくると目立つので、門下塗装では上塗り塗料に近い色のシーリング材を使用して打ち替えています。

だいぶ温くなってきたのでオートンサイディングシーラントの乾燥も早くなってきたのですが、念のため中二日ほど開けて塗装工程に入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30