鉄部や樋などの付帯部分の塗り替え

現在戸建ての鉄部には大抵ガルバニウム鋼板が使用されています。

この鋼板はとても汚れにくく錆びにくい部材になります。
塗料の密着もよくないので塗る場合はガルバニウムにも使用可能な下塗り材を使う必要があります。1回目の塗り替えではガルバニウムは塗らないという業者もいるようです。門下塗装では強溶剤のエポキシプライマーを下塗りに使用します。

まずはサンドペーパーなどでケレンし、表面に傷をつけます。

次に下塗りです。端部や隙間は刷毛で、平面はローラーを使用して塗ります。

 

破風と鼻隠しはサイディング製なので弱溶剤エポキシシーラーを下塗りしました。

付帯部の上塗りは日本ペイントの上位クラスの弱溶剤シリコン塗料・ファインシリコンフレッシュを使用します。

門下塗装では付帯部の2回目の上塗りは外壁塗装が仕上がってから塗ります。

   

付帯部分も仕上がったので残りは各所の清掃と手直しそしてバルコニー土間の防水トップコートの塗り替えです。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31