神戸市垂水区NS様邸塗装工事 付帯部分の塗装工程

現在1回目の塗り替え時期になってきている住宅の鉄部のほとんどがガルバニウム鋼板の板金です。

ガルバニウム鋼板は錆びにくく汚れにくい特徴があり、新品のガルバニウム鋼板を塗ると塗膜が剥がれ易いので塗らないほうがいいといわれています。

10年以上経つと表面のコーティングが劣化し、塗ることが出来るようになります。しかし下塗り材には注意が必要で、メーカーが塗装可としている下塗り塗料を選ぶ必要があります。

門下塗装では十分なケレン・目粗しを行ったのち関西ペイントの強溶剤エポキシプライマー・エポマリンGXを使用しています。

   

 

破風板と鼻隠しはサイディング製なので弱溶剤エポキシシーラーを下塗りし、樋は下塗りの必要がないのでケレンして表面に塗料の引っ掛かりとなる傷を入れておきます。

付帯部分の上塗りは弱溶剤シリコン塗料を使用します。以前使っていた某塗料メーカーの弱溶剤シリコン塗料が色によっては顔料が分離したので、現在は日本ペイントの弱溶剤シリコン塗料で上位ランクのファインシリコンフレッシュを使っています。塗料代は少し高いのですが、膜厚・艶ともに満足いく仕上がりになります。

付帯部の上塗りの1回目は外壁塗装の前に塗ります。

そうすることでしっかりとインターバルをとって上塗りを2回塗りしていることがわかりやすくしています。

   

 

付帯部の上塗り2回目が終われば残りわずかで、今回の神戸市垂水区のNS様邸では各所の清掃と手直し、バルコニー土間のトップコートの塗り替え、そして外して置き塗りで塗っておいたエアコンの配管カバーの復旧です。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

 

2023年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728