神戸市垂水区KM様邸 下地補修と再吹き付け

KM様が特に気にされていたベランダ手すり壁の塗膜の浮きの原因だった大型の胴差と外壁の際部分に、変性シリコンコーキングを三角打ちし、水気がモルタルに吸いあがりにくくします。

際の下地処理が終わり、コーキングが乾燥してから素地調整用のカチオンフィラーをローラー塗りし、素地のモルタルを強化します。

 
   
   
   

素地調整が終わってから、パターンの無くなった部分にスタッコを再吹き付けます。スタッコの肌合わせは非常にむつかしく補修跡を吹き付けだけで分からなくするのはほぼ無理なので、いくらか補修跡が見えてきてしまうと思います。

素地調整したカチオンフィラーの上に弱溶剤エポキシシーラーを塗布し、アクリルスタッコで補修吹きしました。

これで下地補修から既存パターンに合わせる肌合わせまでが終わりましたので、後は他の外壁と同様の仕様で塗り替えていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

2023年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728