タイル貼りのモルタル外壁の下地補修 神戸市垂水区

今回塗り替えている神戸市垂水区の家は木造モルタル壁で、北面と東西面の一部に磁器タイルが貼られていました。

タイル貼り部分のサッシ廻りにシーリングしてあったので、既設シールを撤去し、打ち直しました。

塗装面と同様にモルタル塗りの前にシーリングをしてあるはずで、新築の時にはこの部分は目地になっていたと思うのですが、もしかしたら前回の塗り替えの時打ったのかもしれないですね。

シーリングしておいたほうがいいので今回も打ち換えます。

同時進行で当店の職人は南面と西面についている雨戸の吹き付け塗装と鉄部の上塗り2回目を塗りました。

   

 

門下塗装では雨戸の吹き付けは低圧スプレーガンのチロンガンを使います。この吹付機は温風で塗料ミストをコーティングしながら噴出するので飛散が少なく乾燥が早いという利点があります。

上塗り1回目まで終わっていた付帯部分にも2回目の上塗りを塗り淡色で仕上げる付帯部分は今日で仕上がりました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

2023年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728