再塗り替えでの建物付帯部分の塗装 神戸市垂水区IS様邸

今回塗り替えている物件は、前回はハウスメーカーで塗り替え、アルミサッシやシャッターなどは施主様自身で塗ってしまっていました。

錆が発生する部材には錆止めを、窯業系の部材には弱溶剤エポキシシーラーを下塗りしますが、樹脂製や非鉄金属部分は目粗し後に下塗りなしで塗り替えていきます。

樹脂製やアルミ製などの部材を1回目に塗るならそれぞれに適した下塗りを塗ってから上塗りしますが、既に被塗装面に塗膜がありその上に密着性の高い弱溶剤塗料を下塗りなしでの塗装になります。

 

屋根の金物やシャッターBOXなどカラー鋼板部分は経年劣化で錆が発生する可能性があるのでエポキシ錆止めを下塗りしました。

窯業系の部材には弱溶剤エポキシシーラーを下塗りしました。

 
   

今回は建物の付帯部分は全て弱溶剤フッソ塗料で塗り替えます。

雨樋や水切り役物や下塗りを塗ったシャッターBOXなどにフッソ塗料中塗りを塗り、上塗りは外壁塗装の後になります。

屋根の金物は屋根用フッソ塗料で塗り替えます。

今回の屋根は陶器瓦なので塗り替えません。上塗りを2回塗りしたので、屋根の上の塗り替え作業はこれで終わりです。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031