外壁の目地とサッシ廻りのシーリング打ち替え

今回塗り替えているのは、某ハウスメーカーの住宅で壁材と壁材の間にはガスケットというパッキンのようなものが使用されています。

横目地や一部のサッシ廻りにシーリング材が打たれていたので、その部分のみ撤去してシーリング職人に打ち替えてもらいました。

ガスケットの入っている部分は今回はそのまま塗り替えるので塗り替え後に変色が起きないようにと密着性を上げるために特殊なプライマーを塗っておきます。

ガスケットに含まれる可塑剤の影響でブリード現象が起き黒ずむことがあります。今回塗り替える上塗りはかなり白い色なので変色するとかなり目立つのでこの下地処理を行っています。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031