付帯部の上塗り1回目と自社職人による下地補修 神戸市垂水区IN様邸

シーリング職人によるシール打ち替えの終わった神戸市垂水区のIN様邸では外壁塗装の前に付帯部分の上塗り1回目までと自社職人による下地補修を行ます。

先ずは下塗りできていなかった鉄部に下塗りを塗ります。

 

 

下塗りが終わってからは弱溶剤シリコン塗料で1回目の上塗りを塗りました。

 

付帯部の下塗りと同時進行でサイディングの重なり部分の縦サネの隙間詰めを行いました。

この隙間はそのままにして塗り替える場合もあるのですが、門下塗装ではこの隙間も詰めてから塗り替えます。

そうすることで塗り替え後にひび割れや塗り残しのように見えなくなり、綺麗に仕上がります。

玄関前の垂れ壁にワンポイントのタイルが貼ってありました。タイルと壁の取り合いがガタガタで綺麗に仕上がりそうになかったので、透明の平成シリコンコーキングでシールして、塗り替えた後綺麗に見えるように下地処理を行いました。

神戸市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031