門下塗装では外壁とその前に樋や鉄部などの付帯部分に上塗りの1回目を塗ります 神戸市垂水区IS様邸

いつものことではありますが、外壁塗装の前に樋や鉄部などの付帯部分に上塗りの1回目を塗り、外壁塗り替え後に2回目の上塗りを塗ることで施主様が2回塗りしていることを確認しやすくします。

   

余った時間で大屋根のカラーベストに下塗りの弱溶剤遮熱シーラーを塗りました。この神戸市垂水区の現場の屋根にはソーラーパネルが乗っているのでパネルの下は塗れるところまでしか塗りません。

直接日光を浴びないパネルの下の屋根材は劣化しにくいので、パネルは外さずこうやって塗れるところまで塗り替えることが多いです。

サッシ廻りのシーリングが打ち替えるほど劣化していなかったのですが、ブリードしていたのでノンブリードプライマーを塗布し塗り替え後に変色が起きないようにしました。

明日は北面と西面外壁の塗り替え用養生を行い、下塗りの微弾性フィラーを塗っていきます。

ページ上部へ