外壁の下地補修と付帯部の下塗り 神戸市垂水区IS様邸

未塗装サイディングにジョリパットが塗られていた外壁の下地補修をしていきます。外壁目地はブリードしているものの劣化して亀裂が入ってはいないので、ブリードを抑えるプライマーを塗布し特に傷んでいる箇所のみ補修シールを打ちました。

割れている箇所のほとんどはサイディング相じゃくりの重なり部分です。この部分から雨水が侵入する可能性は低いのですが、見栄えを好くするためと念のためにノンブリード変性シリコンシーリングを表面に刷り込み割れを隠しました。

エアコン配管カバーのヘッドなどに、塗料が密着しないシリコンシーラントが使われていたので、ヘッドを外し、シリコンを切り取ってから専用のプライマーを塗布しました。

同時進行で付帯部分に下塗りを塗りました。

今回の鉄部はすべてガルバニウム鋼板だったので非鉄金属用プライマーを下塗りしました。

破風板と鼻隠しはサイディングですのでこちらには弱溶剤エポキシシーラーを塗布しました。

どちらも明日弱溶剤シリコン塗料で上塗りの1回目を塗ります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による長持ちする丁寧な塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ