大型のガレージシャッターを吹き付けで塗り替えます 

門下塗装ではシャッターを塗り替える場合はチロンガンという温風スプレーガンを使用しています。この吹き付け機を使うと仕上がりが良い上、塗料のミストが飛散しにくく、また工程間のインターバルも短くて済みます。

そもそもシャッタースラットは塗装しないほうがいいと言われています。

どうしてかというとこのような巻き上げ式のシャッターは中でこすれながら巻き上げたり降りて来たりしています。弱溶剤塗料の固くない塗膜だとこの時に傷が入ったり塗装が剥がれたりしやすいです。

古くなって汚くなった時や、施主様がどうしてもと希望されたときには、門下塗装では下塗りにも上塗りにも密着性が高く乾燥後の塗膜が硬くなる強溶剤の塗料を使うことで、長く剥がれが起きずに綺麗な状態を維持できるようにしています。

これらの強溶剤の塗料を使用するとこの大きさのシャッターはローラーや刷毛では綺麗に塗装することは出来ません。

 

ページ上部へ