神戸市西区外壁塗装 ブリード現象

ブリードとは年数が経ったシール(コーキング)などの上にほこり等が付着し黒ずんで汚れることを言います。

シールやパッキンに含まれる可塑剤という成分が原因で、塗装して直接見えなくなっている部分にも起こります。外壁の塗装工事をしてしばらくしたら、ミミズが這ったような汚れが出たり(Uカットして補修した跡)サイディングの目地がくっきりと黒くなったなどはこのブリード現象です。

対処としては一番多いのが打ち直しです。またブリードするのではと思うかもしれませんが大丈夫です。現在はノブリードしないノンブリードタイプのシーリングが発売されていますのでそれらを使用して打ち直します。しかしホームセンターに置いてある物には低汚染タイプと書いてあって、ブリードする可能性のあるものもありますので注意が必要です。

また打ち直さない場合も、塗り替え後再度ブリードしやすいので、この場合はブリードオフプライマーという特殊な下塗を塗布してから塗装します。

今回の現場ではアルミサイディングの隙間に打ってあったシールがブリードしていたので、外壁塗装の前にプライマーを塗ってから塗り替えます。ちなみに高圧洗浄でかなり洗ったのですが汚れは落ちませんでした。

ブリード現象.jpgブリードオフプライマー.jpg

 

ページ上部へ