神戸市垂水区自宅サンプル塗装 アーバントーン中塗り

軒を仕上げてからアーバントーンの中塗り1回目を塗装します。中塗り1回目は目地の色で塗り、中塗り2回目を凸部のみに塗装し目地と表面の塗り分けを行います。

251K軒上塗り1回目.jpg251K軒上塗り1回目はけ.jpg  
251K軒上塗り2回目.jpg251K軒上塗り2回目はけ.jpg  
   

今回はローラー・ハケともに2回ずつ写真を撮ってあるので掲載しています。写真がない場合でもすべてこの工程で軒の塗装は行っています。

251Kアーバントーン目地色中塗り.jpg251Kアーバントーン中塗り終了.jpg  
251K中塗り2回目1.jpg251K中塗り2回目2.jpg  
251K中塗り塗り分け完了1.jpg251K中塗り塗り分け完了2.jpg  

実際には別の日に行ったアーバントーン中塗り1回目と2回目ですが、見やすくするために同じところに掲載しました。

右上の写真は目地色の中塗り1回目が終了したところですが、サイディング塗りつぶしの塗り替えではこんな感じに仕上がります。

中塗り2回目はサイディング表面の着色です。毛の短いローラーを使い目地の中に色が付かないように注意してゆっくりと塗装していきます。塗りつぶしの時より倍くらい手間がかかる工程ですが、『これでもいいんちゃうの』という位の仕上がりに見えます。

しかし近くでよく見ると目地の色と表面の色の見切りがきれいではなく目地の中が汚れていたりしています。

次の工程はアーバントーンの吹付けです。

神戸市の外壁塗装 塗り替えは門下塗装にお任せください。

 

 

ページ上部へ