神戸・垂水 施工後の雨漏り

昨年、塗装工事を任せていただいたN様邸のベランダに雨漏りがありました。

最初の問い合わせの時に別の箇所から雨漏りがあり、その原因はベランダ土間であろうと土間を防水し、念の為に外壁には微弾性フィーラーを厚塗りし、弾性の上塗りを使ったので外壁からの浸水はないはずでした。それなのに施行後に雨漏りしたのです。原因が見当たらず、高圧洗浄機で放水してみたところ、羽目殺しのサッシの辺りから浸水しました。

今日はその部分をシールして、その辺りから水が入らないようにしました。これで雨漏りが止まればいいのですが。

本来水が入らないはずのガラスのパッキンやアルミサッシから浸水していると気が付きにくいので困ります。

IMGP0358n2601.jpgIMGP0361n2601.jpg  
IMGP0363n2601.jpgIMGP0364n2601.jpg  
IMGP0359n2601.jpgIMGP0365n2601.jpg  

狭くて施行できなかった部分に欠損している所が見つかったのでついでにシールしました。

今回の工事は施行ミスではないのですが、無償で工事しています。

神戸の塗り替え・外壁塗装は門下塗装にお任せください。

ページ上部へ