神戸市 垂水区 MI様邸外壁塗装 下塗り

今回の工事は工期が少ないので、塗装工程がいつもと違う進め方をしています。

まず外壁を養生して微弾性フィーラーで下塗り、そして軒天や軒樋・手摺などの上塗り1回目を塗りました。

miシリコン用プライマーa2605_R.JPGmi外壁下塗り2605_R.JPG  
mi軒上塗り1回目2605_R.JPGmi鉄部上塗り1回目2605_R.JPG  
mi樋上塗り1回目2605_R.JPGmi軒上塗り2回目2605_R.JPG  

撤去しなかったテントの上端にシリコンシーラントがベタベタに塗ってあったのでシープラというシリコン用プライマーを塗りました。今まで使っていた逆プラより密着性は高くネタはじきもほぼ無くなるのですが比較すると材料代がかなり高いです。

ちなみになぜシリコンシーラントの上にプライマーを塗る必要があるのか?この材料には塗料が密着しません。塗った時には塗料をはじいていますが、無理に複数回塗り重ねることでぱっと見、塗れているように見えることもあります。しかし塗装が乾いてから塗膜を引っ張ると、ペロンとめくれてしまいます。では塗装可能なシーリング材を使用すればいいじゃないかと思うのですが、塗装に関係のない業者のみの工事の場合目立たなく安価なシリコンシーラントのクリヤーを使うことが多いです。

外壁塗装・屋根塗装は神戸の塗り替え専門店・門下塗装にお任せください。

ページ上部へ