内部塗装

加古川市ビル内部塗装 付帯部分上塗り2回目

加古川市のビル内部塗装工事もいよいよ大詰め、パイプスペースや階段の鉄部などの付帯部分に上塗りの2回目を塗ります。

各所の塗装が終わった後には、清掃と手直しを行い完工しました。

明日は施主様立ち合いで検査をして引き渡しになります。

神戸市と神戸近郊の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で美観が長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

加古川市ビル内部塗装 壁の上塗り3回目と付帯部分上塗り

今日は色留まりの甘かった内壁部分に上塗りの3回目を塗っていきます。

天井と壁の塗り替え完了後に養生をバラシ蛍光灯の傘や木枠などの付帯部の上塗り2回目を塗りました。

あと1日でこの加古川市のビル内部塗装工事が完工し、門下塗装の年内の作業も終わりです。

加古川市ビル内部塗装 天井壁上塗り2回目

加古川市のビル内部塗装工事は、通気性の良くない廊下と階段の天井と壁の塗り替えなので、乾燥が悪いので今日は送風機を回して作業します。

   

天井と壁には真っ白の上塗りを塗っているので壁の色留まりが完ぺきではないです。1工程増やして3回塗りに変更します。

一部塩ビ製の箇所があったので塩ビ用の下塗り材を塗って帰りました。

明日は壁の上塗り3回目と養生バラシ、そして付帯部分の上塗り2回目を行う予定です。

加古川市ビル内部塗装 補修パターン吹付けと上塗り1回目

年内最後の現場になる加古川市のビル内部塗装工事は天井と壁の塗り替えに入ります。

補修したクラック部分が塗り替え後に目立ってくるので、元々塗装してあったボンタイルを吹付け既存柄に合わせます。

脆弱な部分には昨日下塗りの水性カチオンシーラーを塗りました。今回使用している内外部用エマルションペイントは下塗りの必要がないので、ほとんどの部分は上塗りぶっつけで塗っていけます。

閉め切った廊下階段は乾燥しにくいので今日は上塗り1回目のみで作業を終えました。

加古川市ビル内部塗り替え工事 鉄部の上塗り1回目

個人住宅の塗り替えと同様に壁の塗り替え前に付帯部(今回は鉄部です)の上塗り1回目を塗っていきます。

アイボリーだったパイプスペースも黒だった階段鉄部もほぼ白色に仕上げてほしいという事ですので上塗り2回で完全に色が留まるか(薄い色や冴えた色の場合は下塗りの色が透けて見えるような感じになりやすくこれを『スケている』といいます)どうかわかりません。スケた場合は上塗りを3回塗りにして塗装します。

今回天井と壁に使用する塗料は下塗りの必要のない塗料なのですが、窓下の内壁や面台部分など塗膜が弱っているところやほこりが積もっていた箇所には、念のために水性カチオンシーラーを下塗りしておきます。

 

加古川市ビル内部塗り替え工事 鉄部ケレンと下塗り

加古川の現場は昨日の続きで鉄部のケレンと錆止めの下塗り作業です。

特に問題もなく淡々と作業を進めました。

明日は鉄部に上塗りの1回目を塗る予定です。

神戸市の外壁塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替えを行う門下塗装にお任せください。

加古川市ビル内部塗り替え工事 下地処理

HPからお問合せいただいたビル内部の天井壁の塗り替え工事を始めます。

門下塗装ではこの現場が年内完工予定の最後の塗り替え工事になります。

土間の掃除をしてから養生し、内壁に入ったクラックなどのシール処理をしていきます。

余った時間で鉄部のケレンを行い作業を終えました。

鉄部のケレンは脆弱になった塗膜を剥がしたり、錆を落とす目的と活膜の表面に傷を付け塗料の密着性を上げる目的があります。

神戸市、神戸近郊の明石市・加古川市などの塗り替え工事は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

ページ上部へ