加古川市ビル内部塗装 補修パターン吹付けと上塗り1回目

年内最後の現場になる加古川市のビル内部塗装工事は天井と壁の塗り替えに入ります。

補修したクラック部分が塗り替え後に目立ってくるので、元々塗装してあったボンタイルを吹付け既存柄に合わせます。

脆弱な部分には昨日下塗りの水性カチオンシーラーを塗りました。今回使用している内外部用エマルションペイントは下塗りの必要がないので、ほとんどの部分は上塗りぶっつけで塗っていけます。

閉め切った廊下階段は乾燥しにくいので今日は上塗り1回目のみで作業を終えました。

ページ上部へ