神戸市西区 N様邸 外壁塗装屋根塗装工事 一部の外壁の塗り替え

神戸市西区の現場は築年数の経った住宅で木製の窓枠が残っています。木枠の下塗りを塗り、そのあと外壁塗装の養生がしやすいように一部の外壁を先に仕上げていきます。

木部の下塗りに使用しているのは菊水化学の1液型のエポキシ錆止めなのですが、この下塗り材は木部の下塗りとしても使用できます。乾きが早く色留まりも良く、密着性も高いので門下塗装では部屋内の木部の塗り替えの下塗りにも使用します。

棟包みの釘頭とビス頭にシーリングで蓋をし、雨水が入らないように処理し、アルミサイディングに非常に乾きの早いプライマーのミッチャクロンで下塗りしました。

下塗り後上塗りの水性シリコン塗料を2回塗りし、一部外壁は仕上げました。今日仕上げた外壁は軒と残りの外壁の塗装用の養生をする時には窓と一緒に塞いでしまいます。

神戸市・明石市の外壁塗装や屋根の塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

ページ上部へ