神戸市北区 TM様邸 外壁塗装工事

今度は神戸市北区で外壁塗装と屋根の葺き替え工事が始まります。
某ハウスメーカーの住宅なのですが、屋根に葺かれているカラーベストがアスベスト規制の切り替わり時期の商品でかなりの反りが出ていたので、今回の工事で金属ルーフカバー工法で葺き替えることにしました。

金属ルーフのガルバニウム鋼板は非常に耐久性に優れているので、外壁にも超高耐久の無機塗料を、付帯部分には弱溶剤フッソ塗料を使い、20年後が塗り替え時期になるような仕様をお勧めしました。

いつも通り足場組みの前に現場に来て荷物の移動(施主様がやってくれていたのでほとんどなかったですが)とフェンスの養生そしてガレージ土間などの高圧洗浄を先行作業として行いました。

この翌日には鳶職人が来て楔式鋼製足場で足場組みしてくれました。

明日高圧洗浄をする予定でいたが、明日は晴れのようで、その後に雨の降る日が続く週間天気予報なので雨の日まで現場を休ませていただき、晴れている間に今かかっている垂水区のK様邸を終わらせておきます。

足場組みが終わって数日たって、ようやくTM様邸の高圧洗浄を行います。

雨の中でしたが、付帯部分のケレン目粗しを行ってから、高圧洗浄しました。

屋根はカバールーフ工法なので洗浄しないこともあるのですが、門下塗装では粘着ルーフィングがしっかりと密着するようにカラーベストも高圧洗浄しました。

高圧洗浄が終わると素地のグレーがうっすらと見える部分も多く、数か所割れもありました。
カバー工法での葺き替えは、既存屋根材を下ろしてからの葺き替えに比べると費用をかなり抑えることが出来ますが、それでも塗り替えに比べてなってしまいます。
塗り替える場合のリスクとカバー工法と葺き替えのメリットをしっかりと理解してもらえるように丁寧に説明をする必要がありますね。

   

今年の梅雨はそんなに雨ばかりという感じではないですが、天気予報が当たらず、段取りが難しいです。

天気に合わせて出来ることを無理なく行い工程で施主様に迷惑をかけないようにと思っていますが、現時点では足場を組んでもすぐに工事に入れなかったり。足場解体日がずれたりしています。

神戸市や神戸近郊の明石市などの塗り替え工事・外壁塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

2024年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031