モルタル外壁の下地補修ほか 神戸市垂水区N様邸塗装工事

神戸市垂水区N様邸では、モルタルの外壁に大きなひび割れがあったので、Uカットシーリング工法でクラック補修し、目地内にもコーキングを打ち下地補修を行います。

外壁の大きなクラック部分は上の写真のような補修を行いました。電動工具でクラックをUカットし、溝を作ってから、シール用プライマーを塗布し、ノンブリード変性シリコンコーキングで溝を埋めました。

   

湿式工法のモルタル塗り壁は必ず割れが出来ます。外壁に作ってある目地は割れるならここで割れてという意味もあるので中がひび割れてきますので、この部分もコーキングでシールします。

木枠とモルタルとの間にも隙間が出来ているのでコーキングを打ち、隙間から雨水が侵入しないように処理しました。

経年劣化で既存塗膜が剥がれている部分もあったので、その部分はカチオン樹脂モルタルで補修しました。

カチオンでしごいた部分は既存塗装の柄がなくなっているので、このままでは光って見えて非常に目立つので補修の柄を砂骨ローラーで付けました。

他にも小さな補修は行いましたが、大きな補修はこんな感じでした。

付帯部分に1回目の上塗りを塗ってから、外壁塗装に入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

 

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30