FRP防水のトップコート塗り替え 神戸市西区M様邸塗装工事

ベランダ土間のトップコートに小さな割れがあり、施主のM様がご自身でその上にシリコンシーラントを打っていました。

シリコンシーラントはそのままでは防水材が密着しないので、高圧洗浄の前にシーリングを除去し、剥がれているトップコート部分もディスクグラインダーで研磨しておきました。

外壁屋根塗装が終わってから最後の施工工程で防水工事を行います。

今回使用するオート化学のウレアックスHGはアセトン拭きなしでの施工が可能という触れ込みですが、門下塗装では清掃後、念のためアセトン拭きも行います。

 

アセトン拭きが終わって乾燥後に、専用のプライマーを塗布し、ウレアックスを2回塗りして防水しました。

ウレアックスHGは防水性能を有したトップコートのようなもので、FRP防水層が生きていてトップコートに微小な割れや剥離が起きている時にお勧めしています。

トップコートを塗った日に重量のあるエアコンの室外機を戻すと引っ付いてしまうリスクがあるので、復旧作業は後日行いました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30