神戸市垂水区N様邸 付帯部の塗り替え

家屋には鉄部や樋・破風鼻隠しなどの付帯部分があります。

門下塗装ではそれらの塗り替えは外壁塗装の前から始め、最後に仕上げていきます。

まずは汚れや錆を落とし、被塗装表面にキズを入れ密着性を高めるケレンを行います。

   

ケレンが終われば鉄部や破風鼻隠しなど下塗りが必要な部分に下塗りを塗ります。

   

樋や塩ビ配管などはケレン目粗しをしっかりと行えば、上塗りは密着しますので、下塗りの必要はありません。

付帯部1回目の上塗りまでを外壁塗装の前に行いました。

外壁と屋根が仕上がってから2回目の上塗りを各付帯部に塗っていきます。

   

これで付帯部分のすべてに2回目の上塗りを塗れました。

後は自主検査と各所の手直しです。そして最後の作業としてクリヤー塗装した外壁部分のシール打ち替えを行います。それらが終われば施主様との立会検査をしてから足場解体になります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829