シャッタースラットの塗り替え 神戸市東灘区Y様邸

外壁の仕上がった神戸市東灘区のY様邸ではシャッタースラットの塗り替えを行います。

よほど傷んでいない限り塗り替えは勧めないのですが、前回Y様のご希望でシャッタースラットも塗り替えていました。

その時の塗り替え仕様は下塗りが強溶剤エポキシプライマーで、上塗りは強溶剤ウレタン塗料でした。この仕様で塗り替えると被塗装面と塗膜の密着性が好く剥がれにくく、また上塗り塗膜が強固なので比較的傷も入りにくいです。

10年経っても、塗膜の剥離は全くなく、半艶で仕上げていたからか傷も目立たない状態でした。

前回塗っていた塗料が把握できているので、今回も同じ強溶剤ウレタン塗料で塗り替えます。前回は下塗りを入れましたが、今回は剥離もなく、ウレタン塗料の上に再度ウレタン塗料なのでケレン・シンナー拭きの上を上塗りの吹き付けで塗り替えました。

 

シャッタースラットは巻き上げて収納するので塗膜が厚くなると、抵抗が増えシャッターの上げ下げを楽にするために入っているバネに負荷がかかり傷みやすくなります。

シャッター屋はスラットの塗り替えは故障の原因になるからしないで欲しい言っていました。下塗りを入れなかったのは、

下塗りを入れなくても密着性に問題ないのと、塗り替えることで塗膜が厚くなりバネに負荷をかけることを少しでも減らすためです。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30