神戸市須磨区O様邸 外壁と軒の塗り替え

付帯部分の上塗り1回目の終わった神戸市須磨区のO様邸では外壁と軒の塗り替えに入っており、北と西の2面を先に塗り替えています。

外壁塗装1日目は養生から始め、軒天の塗り替えと外壁の下塗りを行いました。

軒は下塗りの必要のないNAD型塗料を2回塗りして塗り替え、外壁はクラックにコーキングを刷り込んで補修してあったので、補修跡が目立ちにくくなる微弾性フィラーのパターン塗りで下塗りします。

微弾性フィラーは素塗り(普通のローラーで塗った場合)の場合のインターバルは3時間以上ですが、パターン塗りの場合は6時間以上になるので同日に上塗りは塗れません。翌日に上塗りを塗ります。

刷毛とローラーで外壁と軒下の幕板に上塗りを塗り、この日は屋根の塗装なども行い作業を終えました。

さらに翌日、北面と西面の色分けの部分の上塗りを塗り、この2面の外壁軒の塗り替えは終了です。

次は南面と東面を養生して外壁軒の塗り替えを行います。この日は養生と外壁の下塗りを塗りました。

その翌日は、外壁の上塗り1回目から塗り始めました。

 

外壁上塗り1回目が終わってから軒の上塗りを塗りました。

最後に外壁上塗り2回目を塗り、色分けの取り合い以外は仕上がった状態になりました。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

 

 

 

 

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30