神戸市東灘区T様邸 付帯部各所のケレンと高圧洗浄

門下塗装では高圧洗浄の日には樋や鉄部などの付帯部分のケレン・目粗しを先に行います。

未塗装の樋のケレンは密着性を高める非常に大切な作業でこの作業で手を抜くと塗り替え後年数が経過したから塗膜の剥がれなどが起きてきます。

以前塗ってある樋の場合もケレンは必要ですが、旧塗膜との密着を上げるだけなので1回目の塗り替えのケレン目粗しが最も大切になります。

最近の鉄部は錆びにくい材質の物が多いので、鉄部のケレンも錆を落とすためより、表面に傷を付けて塗料の密着性を高めるのが主な目的です。

鉄部は下塗りが必要なので、被塗装箇所の材質に応じて最適な下塗りを塗り、その後門下塗装では弱溶剤シリコン塗料で上塗りすることが多いです。

今回は屋根のカラーベストは洗浄ではなくカバー工法で金属屋根を葺き替えます。

粘着ルーフィングを使用して葺き替えるので、しっかりとルーフィングが既存カラーベストに密着するように屋根表面を高圧洗浄して洗っておきます。
高圧洗浄なしで粘着ルーフィングを貼り付け葺き替える施工店もあるようですが、どうせならしっかりとくっついていた方がいいので当店では葺き替えでも高圧洗浄します。

以前のリフォームでは外壁にタイルを貼っただけで、付帯部や軒は新築時のままでした。長い間排気ガスなどの汚れの付いた軒天はかなり汚れていて高圧洗浄に思っていた以上の時間がかかりました。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30