神戸市垂水区K様邸の外壁塗装

外壁塗装は高圧洗浄を終えてから下地補修を行い、その後で始まります。

モルタル壁は経年劣化で外壁にクラックが入ります。クラックから入り込んだ雨水がその廻りの塗膜を浮かせてしまうので表面のひび割れをなくすとともに同じ部分が割れてこないようにシーリングします。

湿式のモルタルは必ず割れが入ります。目地は割れるならこの部分で割れてという箇所です。割れが出来る時も出来ない時もありますが、年数が経過すると塞いでおく方がよりいいのでこの部分もシーリングしました。

下地補修が終わったので、養生して外壁の塗装に入りますが、今回は軒木部が1回塗りの木材保護塗料ガードラックアクア塗りでしたので、外壁塗装の前に軒木部を仕上げました。

前回の塗り替えで外壁に弾性系の塗料をパターン塗りしてあったので、今回は特に柄は付けない仕様で水性カチオンシーラーを下塗りし、艶消しに仕上がるナノコンポジットWで上塗りします。

最近はほぼ手塗りで塗り替えるので、刷毛とローラーで塗っています。

今回は職人がこの現場に全員入っていて全面を一気に養生し塗り替えたので、3日間で外壁塗装が終わりました。

手塗りでない塗り替えとは何かというとエアレスやスプレーガン・吹付用ガンを使用した吹付になります。吹付けのメリットは大面積の場合は工事工程を短縮できる、吹付けでしかできない柄を付けることが出来るなどで、最近では多彩柄塗装も吹付で行います。

デメリットはというと、飛散のリスクです。以前は強溶剤系の塗料が多かったのでミストの飛散はすぐに乾燥して埃のようになっていたのですが、現在主流の水性塗料の場合は乾燥が遅く近隣様の建物や車を汚してしまうことがあるため、理由がなければ吹付けは行いません。当店で吹き付ける理由になるのは補修吹き(既存柄が吹き付けで補修跡をその柄に合わせるために部分的に吹き付けること)か、多彩柄の吹付けです。多彩柄の吹き付けの場合は特に気を使い、飛散しにくいスプレーガンを使用し、メッシュシートを2重張りするなどします。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31