付帯部の塗装 鉄部錆止めと上塗り 木部木材保護塗料塗り

神戸市垂水区のK様邸の付帯部分は鉄部と樋そして垂木などの木部があります。

過去に塗り替えてある鉄部の塗装は、ケレンで表面の錆や汚れを落とし、錆止めを下塗りし、その後に上塗りを2回塗りします。

門下塗装では錆止めは弱溶剤2液型エポキシ錆止めを、上塗りは弱溶剤2液型シリコン塗料を使用します。

下塗りも上塗り塗料も使い勝手の良い1液型の塗料もあるのですが、同種の塗料で2液型より耐久性に優れた1液型の塗料はないので、施主様にとってどちらがいいかと考え2液型塗料をよく使います。

付帯部の塗装1日目にはケレンと下塗りと上塗り1回目、そして木部に木材保護塗料塗りを行いました。

木材保護塗料は和信化学のガードラックアクアを塗ります。この塗料は1回塗りで木材保護の効果と綺麗に着色出来る隠ぺい性があり、耐久性にも優れるのでよく使います。

外壁塗装が終わってから樋や鉄部に2回目の上塗りを塗りました。

今回はこの現場に当店の職人全員が入って作業していたので、非常に早く塗り替え工事が進んでいます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31