モルタル外壁の下地補修 神戸市垂水区K様邸

築年数の経った戸建て住宅の塗り替えでは下地補修が最も大切な工程になります。

モルタルのクラックやサッシ廻りから雨水が浸みこむと塗膜の剥がれの原因になるので大きなクラックはUカットしシーリング補修を、小さなクラックはシーリング材の刷り込みで、サッシ廻りや合羽の天端などの隙間もしっかりとシールします。

他にもモルタルの欠損箇所もあったので、補修しました。

 

傷んでいた木部の一部は防水処理後にフレキシブルボードで蓋をしました。最終的にはこの上を塗装します。

下地補修が終わり、内部への雨水の侵入もなくなったので次は外壁の高圧洗浄を行います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31