意匠性塗材ジョリパットの塗り替え 神戸市垂水区M様邸塗装工事

塗り替えの大方終わった神戸市垂水区のM様邸ではバルコニー手摺壁と門塀に意匠性塗材のジョリパットが使われていました。

これらの部分は塗り替え用のジョリパットフレッシュを上塗りに使用します。

 
   

校倉というパターンが付いていたバルコニー手摺壁はモルタル外壁と同じ微弾性フィラーでしたぬりし、乾燥後に上塗りを2回塗りしました。

ジョリパットフレッシュは上塗りの中に珪砂が入っているので比重が重く、また凹凸のある面を塗る際には凹部に塗料をしっかりと入れるために力が要ります。

門塀部分は弱溶剤エポキシシーラーを下塗り後に同じ塗料で上塗りしました。

元々の茶色は気に入っていなかったとのことで今回は濃いめの茶色にされました。

水性塗料は塗った時と乾いた時では色が変わるのですが、今回のジョリパットは特に色がのぼりました。(塗った時の色より濃くなることをこう表現します)

同時進行で防水工がバルコニー防水をしてくれています。その工程写真は施工後に上げさせていただきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30