自社職人による下地補修 神戸市垂水区K様邸

シーリング職人によるサイディング目地とサッシ廻りのシール打ち替えの終わった神戸市垂水区のK様邸では今度は自社職人が下地補修を行います。

新築時には何もしていないサイディングの重なり部分ですが、サイディングの経年劣化で隙間が大きくなりサイディングの裏側に水が入り込む場合があります。

少しくらい雨水が入り込んでも外壁通気になっている場合は大した不具合は起きないことも多いのですが、念のためにシーリングし、雨水が入り込まないようにと仕上がりが良くなるようにします。

 

 

他には軒と外壁の取り合いについている通気金物と軒のボードとの隙間も塗り替え後に目立ってくるのでコーキングでシールしました。

破風板の塗膜がかなり劣化していたのでこの部分は外部用のパテで慣らして仕上がりを良くします。

玄関周りやベランダ手すり壁はワンポイントで意匠性塗材ジョリパットが塗られていたいました。塗膜で隠れているのですが重なり部分は存在し、その上が割れていたり、ジョリパット自体がひび割れていたのでその部分も割れをエポキシサーフで隙間詰めを行いました。

 

下地補修はこれで大方終了です。

明日からは付帯部分の塗装に入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

2024年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829