狭所での足場組み 

神戸市垂水区に限らず都市圏では隣地との境界が狭い立地条件の事があります。

そう言って場合は事前にお隣様に挨拶に行き、どういう風に足場を組むか、どういう迷惑がかかるかを丁寧に説明し、ご理解と許可をいただいてから作業に入ります。

万が一、許可をいただけなかった場合はその面の塗り替えが出来ないという事もあり得ます。

今回は許可をいただけたので境界のブロックの上に足場を立て、お隣に足場資材を当てない様に充分に注意して作業しました。

足場組みが終わったので、明日は外壁の高圧洗浄を行います。

屋根はセメント瓦なので今回の塗装工事では塗り替えません。しかし次回の塗り替えの時には塗装する必要があると思います。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031