樋や鉄部などの付帯部分の上塗り1回目を外壁塗装の前に塗ります 神戸市灘区M様邸塗装工事

門下塗装では個人住宅の塗り替え工事の時、付帯部分に上塗りの1回目まで塗った後、外壁の塗り替えに入ります。一般的な塗り替えでは鉄部の錆止めを塗った後外壁の塗り替えを行い、養生を外した後、同日で上塗りを2回塗ります。施工側にとっては材料のロスや道具の清掃の手間などが省けて効率よく塗り替えを進めることが出来ます。インターバル(乾燥養生時間)を守り、2回とも手抜きなしできちんと塗れば、同日に上塗りを2回塗っても何も問題ないのですが、たまに2回目を希釈率を上げた塗りやすい上塗りでさっと塗ったり、塗りにくい部分は1回しか塗らなかったりする職人がいるので、門下塗装では施主様が確認しやすいように1回目とは違う日に2回目の上塗りを塗るようにしています。

   

雨樋と鉄部の1回目の上塗りが終わったので、明日からは外壁の上塗りに入っていきます。

外壁塗装は2面ずつ行うので今回は南面と西面から塗り始めます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031