神戸市灘区 サイディング外壁の下地補修

神戸市灘区のM様邸の外壁はサイディングなのですが、2面には意匠性塗材ジョリパットが塗ってあり、もう2面は同じ感じの柄のサイディング貼りでした。

サイディング面の目地とサッシ廻りのシールは普通に目視出来るのでカッターなどで撤去し、プライマーを塗りオートンサイディングシーラントで打ち直しました。

問題は意匠性塗材が塗ってある面です。通常の下地処理されたサイディングの上に厚膜の塗材が塗ってあるので、目地の位置と幅がはっきりと見えないので、この辺りに目地があるという部分をしっかりと見て凹みやブリード現象・割れで位置を判断し切り取りました。

切り取った後は通常作業と同じで、マスキングテープで養生し、プライマー⇒打設⇒押さえ⇒マスキングの撤去で打ち替え終了です。

シーリング職人に依頼した下地補修はここまでで、サイディングの重なり部分の下地処理は後日当店の職人が行います。

縦貼りのサイディングの場合、コーナー以外の縦目地は合じゃくりになっていて新築の時にはシーリングの必要はないです。ただ、新築の時の1次防水がキチンとされていない場合はこの部分からも漏水することがあります。また塗り替えが終わった後この部分が塗り残しのように見えるので門下塗装では合じゃくり目地も下地補修し、縦目地の場合はノンブリード変性シリコンコーキングで埋めていきます。

 

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031