外壁塗装の前に鉄部や樋などの付帯部分の塗装を行います

鉄部や樋などの付帯部の塗り替えではケレンと下塗りが重要な作業です。これらの作業で手抜きがあると仕上がりが悪くなったり、塗り替え後早い時期で剥離が起きてきたりすることがあります。

ケレンは高圧洗浄の前に終わっているので、高圧洗浄で付着したゴミを掃いた後必要な箇所に下塗りを塗っていきます。

雨樋などの配管は下塗りが要らないのですが、他の部分は素地や前回塗ってある塗装に応じて下塗りを選定し、最適な下塗り材を塗っていきます。

今回は未塗装だった塩ビ鋼板製の破風鼻隠しと胴差・シャッターBOXが妙に汚れていたのでシンナー拭きをしてから下塗りしました。

 

過去に塗装済みの鉄部には弱溶剤エポキシ錆止めを下塗りし、未塗装だった塩ビ鋼板には強溶剤型の塩ビ用プライマーを下塗りしました。

次は付帯部分の上塗りです。時間が足りなかったので塗れるところまで塗り、残りは明日にします。

   
   

 

神戸市や明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

 

 

 

ページ上部へ