北面と西面の軒塗装と外壁下塗り 神戸市垂水区YT様邸

北面と西面の2面の汚してはいけないサッシや樋などの養生を終えてから、まずは軒を塗り替えます。

外壁サイディングと軒の間に金物の廻り縁が入っているタイプで、そこに隙間が出来ていました。新築の時はその隙間は違う部材での隙間なので気にならないのですが、このまま塗り替えるとかなり目立って来ます。

綺麗に仕上げるために隙間をアクリルコーキングで隙間詰めしました。

今回は少し臭いがするのですが、密着性が高く下塗りの必要のないNAD型塗料で軒を塗り替えるので、水洗いの終わった軒天に上塗りを直接塗っていきます。

   
   

外壁サイディングの重なり部分の隙間も塗り替え後に、塗り残しのように見えるので、エポキシフィラーの充填剤で隙間詰めを行いました。

この作業はしない業者も多いのですが、門下塗装では塗り替え後の仕上がりを好くするために必ず行います。

水性カチオンシーラーを外壁に下塗りし、その後上塗り2回目を塗って軒天を仕上げました。

最後に意匠性サイディング部分に水性シリコン塗料の濃紺色で1回目の上塗りを塗りました。

明日は色分けも含めて2面の外壁を仕上げていきます。

 

ページ上部へ