鼻隠しと軒樋の隙間が非常に狭く刷毛でもローラーでも塗れないので

神戸市垂水区の現場ではまだ1回目の上塗りの塗れていない軒樋と破風鼻隠しに上塗りを塗っていきます。

鼻隠しと軒樋の隙間が非常に狭く、刷毛でもローラーでも塗り切れない隙間だったので今回はベンダーという、こういった隙間を塗る専用の塗装用具を使用しました。

樋などが塗り終わり付帯部の上塗り1回目が終わったので今度は外壁の下地処理を行います。

あちこちに塗料が密着しないシリコンシーラントが使われていたので塗料が密着するようにシリコン用のプライマーを塗布しました。

そしてサイディングの重なり部分が塗り替え後壁の割れのように見えるのでエポキシ微弾性フィラーで隙間を詰めました。

明日からいよいよ外壁の塗装に入っていきます。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

ページ上部へ