鉄筋コンクリート建物のモルタル笠木の改修

神戸市垂水区で塗り替えている建物は鉄筋コンクリート造モルタル壁で経年劣化でモルタルが爆裂・露筋していたり、既存塗膜が剥がれたりしていました。

外壁塗装の下地補修で不良塗膜やモルタルの浮きの補修はしたのですが、鉄製の手摺とその手摺が乗っていた笠木は簡単な補修では済まない状態だったので、手摺は撤去し最終的にアルミ手摺に交換する。笠木は板金を被せて雨水が笠木モルタルにかからない様にしました。

上の写真に写っている鉄製の手摺は取り外します。

 

端部の爆裂部分は左官職人にモルタル補修してもらいました。

 

外壁塗装が終わった後、今度は板金職人が笠木のモルタルに板金カバーを取り付けます。

 

ベランダ土間防水が終わってから、アルミ手摺を取り付けますが、これはエクステリア職人の仕事です。

外壁塗装の前にサッシ廻りとコンクリート打継目地にシーリングもしてあるので、これで壁面からの雨水侵入口はなくなりました。

築年数の経った建物の場合はこういった改修部分が多くなってしまいます。これらの補修を怠ると塗り替え後数年で折角綺麗になった外壁が旧塗膜から剥がれてくることがあります。

 

2022年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031