下地補修 モルタル補修とシーリング工事

左官職人に来てもらいモルタルの欠損部の補修と除去した塗膜の不陸調整をしてもらいます。

モルタル補修が終わった後は、補修跡が目立たない様に既存柄の吹付けを行います。

同時進行でシーリング職人がサッシ廻りのシーリングの撤去と打ち直しなどを行いました。

 

元々はシーリングしていなかったクラック誘発目地にもシールし雨水の侵入を防ぎます。

明日も下地補修なのですが、今度は自社職人が続きを樹脂モルタル補修します。

 

ページ上部へ