完全に硬化していたシーリングの打ち替え 神戸市垂水区KM様邸

協力会社のシーリング職人に来てもらいサイディング目地とサッシ廻りなどのシールの打ち替えを行いました。

私が拾い出したメーター数が間違えていたのか普段より多い人数がかかってしまいましたが2日で下地処理を終えました。

   

サイディング目地のシーリング打ち替えは、既設シールの撤去⇒シールプライマー塗布⇒シール打設⇒シール押さえ⇒マスキングテープ撤去です。

サッシ廻りも既設シールを撤去してから打ち替え、軒廻りなどの入隅部分は増し打ちで打ち直しました。

玄関廻りのシールは施主様がさわってしまうことがよくあるのでペンキ塗りたてのテープを貼って気が付きやすいようにしてから帰りました。

気温が上がらなくなってきたのでシーリングの硬化に少し時間がかかり始めました。明日は日曜で作業せず、月曜は付帯部の下塗りと上塗りを塗るので、外壁を塗りだす火曜には完全に硬化しているはずです。

 

明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

2022年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031