外壁塗装の前に付帯部の上塗り1回目まで塗っていきます 明石市IK様邸塗装工事

雨で休む前にメッシュシートを絞っておいたので、シートを張り直し、その後門下塗装でのいつもの工程通り、まず鉄部とサイディング製の付帯部の下塗りを塗り、その後上塗りの1回目を塗っていきます。

 
   

シャッターBOXや水切りなどの鉄部には強溶剤エポキシプライマーを、鼻隠しなどの弱溶剤エポキシシーラーを下塗りします。

 

下塗りが乾いてから樋と鼻隠しと鉄部に上塗り1回目を塗りました。

付帯部塗装と同時に外壁の下地補修済ませたので明日から外壁塗装に入っていきます。

 

 

ページ上部へ