塗膜の剥がれた木製破風に板金カバーを取り付けます 神戸垂水区板金工事

木部は年数が経過すると木材自体が傷み塗膜の剥離が起きやすいです。

一般的に塗り替えはしっかりと密着している塗膜の上は簡単なケレンを行い下塗りし上塗りを塗ります。しかし素地自体が傷んでいる場合は、活膜に見える塗膜ごと素地から剥がれてくるので、既存塗膜を全撤去し素地調整してから塗り替える必要が出てきます。そこまでの費用をかけても木材自体は傷んだままなので、ガルバニウム鋼板を加工した板金カバーを取り付けるほうが後々何も起きないのでいいと思います。

   
   

今回の施主様は、前回の塗り替え後数年で塗膜が剥がれた経験があったので板金工事を選ばれました。

塗り替えに比べて費用はかなり上がりますが、板金カバーを付けると10年以上補償出来る耐久性も付き、非常に綺麗になります。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は自社職人による丁寧で長持ちする塗り替え工事を行う門下塗装にお任せください。

 

ページ上部へ