ハウスメーカーの住宅の付帯部分の下塗りは 神戸市TR様邸

ハウスメーカーの住宅ではいろいろな材質の付帯部が使われている場合があります。

上塗り塗料は塗布量やインターバルを守ってさえいれば鉄部に塗装可能なら問題ないですが、下塗りはそれぞれの材質や傷み具合によって適したものを使う必要があります。

今回はガルバニウム鋼板・塩ビ鋼板・スチール部分などの材質があったので、それぞれに適した下塗り材を使用して下塗りしました。

 

今回の塗装工事では付帯部には弱溶剤フッソ塗料を使用します。フッソ塗料は上塗りを2回塗りするタイプと中塗り1回上塗り1回で塗装するタイプがあります。

今回使用している弱溶剤フッソ塗料は関西ペイントのセラMフッソで中塗りと上塗りが別になっています。

今日は下塗りが終わった後少しだけ中塗りを塗って作業を終えました。

 

 

ページ上部へ