木造サイディング壁の住宅の下地補修 神戸市TR様邸

木造サイディング壁の住宅では、ほとんどの場合サイディング目地やサッシ廻りにシーリングされています。

シーリング材は経年劣化で割れや剥がれが出てくるので、ある程度の年数で打ち替える必要があり、今回は目地もサッシ廻りも既存シールを撤去してからオートンサイディングシーラントで打ち替えます。

数量が多かったので3日間の工期を予定していましたが、初日に予定より多くの職人が入れたので、2日間で打ち替えることが出来ました。

目地のボンドブレーカーが無くなった箇所があったので、新しくボンドブレーカーを貼り2面接着でシーリングしました。

門下塗装では、外壁上塗りの色と同色のシーリングを使用して万が一上塗り塗料が割れた場合でも下に同じ色があることで目立たなくしています。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

ページ上部へ