シーリング打ち替えの終わった現場では鉄部に下塗りを塗ります 神戸市垂水区IM様邸塗装工事

鉄部といっても最近はガルバニウム鋼板がよく使われているので1回目の塗り替えの場合は、錆止めではなく強溶剤の非鉄金属用エポキシプライマーを下塗りします。

これはガルバ鋼板は非常に耐久性・非汚染性の高い板金で錆びにくく、塗料の密着もあまり好くないので、防錆力より密着性に優れた下塗りを塗ることで長く塗膜の剥離が起きにくくするためです。

いつもは高圧洗浄の時にケレン目粗しを済ませているのですが、雨の中水洗いをしたので、ケレンしながら下塗りを行いました。

   

 

明日は付帯部分の上塗り1回目を塗っていきます。軒樋と破風板は既存色の茶色で、竪樋と通気金物は目立たないように外壁色濃い目で、シャッターBOXと水切り金物はシャイングレーで上塗りします。

神戸市明石市の外壁塗装屋根塗装は個人住宅塗り替え専門店の門下塗装にお任せください。

 

ページ上部へ