先ずは塗料(ナノコンポジットW)で塗り替えるサイディング部分の下地処理を行います 神戸市垂水区IM様邸

協力会社のシーリング職人に来てもらい塗料で塗り替えるサイディングの目地とサッシ廻り・軒廻りのシーリングの打ち替えを行います。

シーリング打設と押さえの写真が全くなかったので、撤去とプライマーそして打ち替え完了の写真をのせています。

新築の時に使われているシーリングはなぜかあまり良くないものが多いです。5年くらいで割れや剥離が起きることもあります。

門下塗装で塗り替えの時によく使用するシーリングは、オートンサイディングシーラントですがこの材料は暴露状態(上に塗料がなっていなく紫外線をそのまま浴びる状態)で10年の保証が出るものです。今日打ち替えた部分はシーリング材が完全に硬化してから外壁用の下塗りと上塗りを塗るので日光を浴びなくなり、次回の塗り替えでは打ち替えなくても大丈夫なくらい長持ちします。

ただし注意も必要で塗り替え後の塗膜がシールの上だけ割れる事があります。これはシーリング材と塗料の伸縮率の違いから起きることで硬質の塗料を使うと避けられません。割れないことも多いのですが門下塗装では割れた場合に白が見えてこないように上塗りと同色のシーリングを使用して打ち替えます。

弾性塗料を上塗りに使用するとシールの上の塗膜が割れるということはなくなるのですが、何年かして、浸み出してきた湿気やどこかから回り込んだ水気で塗膜が膨らむというリスクが出来てしまいます。そしてこの現象が起きるとその部分は切り取って塗っても、塗り替えた塗膜を完全除去しない限りリスクが残りますので、門下塗装では高弾性塗料はサイディングの塗り替えに使用しません。

 

ページ上部へ