下地補修 シール打ち替え 西宮市マンション改修工事

浮き部分のボンド注入と磁器タイルの貼り替えが終わり、外壁下地補修はこれで最後になります。

目地とサッシ廻りの既存シーリングを撤去し、2液型ポリウレタンコーキングで打ち替えていきます。

材料はシーリングといったりコーキングといったりしますが、どちらも正解のようです。


材質としては1液ポリウレタン系 2液ポリウレタン系 変性シリコン アクリル系 ポリサルファンド系などがありそれぞれに適性があります。専門職に任せればケースバイケースで最適な材質のシーリングを使用して打ち替えます。

市や地補修が終わりましたので、しっかりと硬化させた後、外壁の塗り替えに入っていきます。

 

ページ上部へ