磁器タイルの浮きの補修 西宮市マンション改修工事

コンクリート壁に貼ってある磁器タイルの浮き部分の補修を行います。

門下塗装は個人住宅の塗り替えがメインの工事なので鉄筋コンクリート造の建築物の改修工事は滅多に行いません。また稀にRC住宅があっても磁器タイル貼りの個人住宅は少ないのでタイルの浮きや割れの補修は独立する前にいた塗装店などで覚えたノウハウと専門職に教わった工法で施工しています。

磁器タイルの浮きの補修は30年前と同じ工程です。

目地部分に穴をあけ、内部のゴミをエアースプレーで清掃し、エポキシ樹脂を注入後ステンレスピンを挿入、最後に穴埋めをして完了です。

 

ページ上部へ