塗装用養生道具

皆さんはプロの塗装と素人の塗装でもっとも違うのはどこだと思いますか?

塗るスピード・仕上がりの程度、これらは当然違います。しかし一番違うのは養生なんです。養生とは塗り替えする際、汚してはいけないところ(例えば窓・サッシ・土間などです)に塗料がつかないようにナイロンシートなどで隠すことです。これは塗装が終わればとってしまうので形に残らないのですが、養生が雑だとどこかが汚れていたり塗装際のラインがきれいに出なかったりします。

素人さんがご自身で塗り替える場合は写真の道具を用意して、きっちりと養生しましょう。

養生道具2.jpg右の写真は土間用のすべらんシート(商品名です緑色のシート)SPシート(主に窓を養生するのに使います。)当店で使うのは1800Wと1300w・900wの3種類で、養生するものの大きさに応じて使い分けます。

下の写真は左からパイオランテープ50㎜・ラッカーテープ・ガムテープ・マスカー550㎜・マスカー1100㎜です。プロは養生する箇所や大きさ、塗料などによって使い分けます。

自身で塗られる時はガムテープとマスカー550㎜があれば養生できます。それらはホームセンターでばら売りされています。

土間や床は新聞紙とガムテープで養生してください。

 

 

養生道具1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神戸市の外壁塗装は門下塗装にお任せください。

 

ページ上部へ