かどしたのひとり言 妥当な金額?

問い合わせいただくお客様の中には、各店が提示する塗り替え金額にあまりにも開きがありすぎて、いくらくらいが妥当な金額か不安に思われる方もいるようです。

見積もり金額には、相手を見てこれくらいなら受注できるんじゃないかというぼったくり価格や、ハウスメーカーやコー〇さんなど企業名で信頼が得られると思う信頼価格、そして程度の良くない直接施工店による手抜き価格などもあります。そのため相見積もりを取ったお客様にはどの金額が適正な金額かわからなくなることもあるようです。

当店も含め、胸を張って行ういい仕事(仕上がり・耐久性・機能性)をしている塗装店も日本にはたくさんあります。それらの塗装店でも親方(社長)が現場で作業するかしないか、営業専門の従業員がいるかいないかなどでも見積もり金額に差が出て来ます。例えると手塩にかけて育てた農作物と直売所で販売する場合と、卸売り仲買など流通を通して販売する場合では、経費中間マージンが全く違うため同じ原価の商品を売るにも小売値が違ってきますよね。

門下塗装の考え方は塗り替えをすることで喜んでいただきそれに対して報酬をいただくというものです。ですので当店の見積もり金額は適正金額だと自負していますが、お客様にとっては安いと思ったり、高いと思われてしまったりします。

見積もりを取るのに不安に感じる方は最初から相見積もりで、「御社に依頼するかどうかわからないがいいですか?」と言って反応を見るのもいいでしょう。(でもプロの営業が相手だと素人では判断しにくいかな?)

契約を急ぐ業者や、電話でしつこく営業してくる業者、異常な値引きをしてくる業者は要注意ですよ。

塗り替え直後に手抜きとわかる場合もありますが、数年たたないと手抜きされたとわからない場合もあります。業者選びは慎重にされてください。

ページ上部へ